西日本を中心に寺院・納骨霊廟を「堅牢で雰囲気あるデザインで建築したい」を実現する総合企画事務所です

荘厳な構造美にて300年...1,000年

お客様の声

安心できる笑顔の対応が、お願いした決め手です

徳照寺

  • 外観1 外観1
  • 外観2 外観2
  • 向拝 向拝
  • 本堂 本堂
  • 客層室 客層室
  • 門徒会館 門徒会館
建築物
本堂
所在地
遠賀郡水巻町
構造・規模
鉄筋コンクリート3階建

伊藤彰一住職

平成21年夏の頃、本堂のあちこちが傷み出したので、急いで修復した方が良いという事になり大手社寺建設に相談しました。すると、あそこもここもと修復箇所が増え、結果的に8千万円近い費用がかかるとの事でした。そんなにかかるなら新築してはと思い希望を伝えると、うちの寺は裏山で砂防工事をしている事や本堂が隣の敷地と近接している事などの悪条件から、理想とはかけ離れた狭い本堂しか建てられないという判断を下されてがっかりしてしまいました。

そんな時、以前に納骨堂を設計していただいた岡田さんを思い出し、新築にした場合の見積りをお願いしたところ、およそ9千万円くらいだという事で、さっそく図面を描いていただくことにしました。その際、大手社寺建設から言われた悪条件に対しても、岡田さんは「無理です」「できません」とは言わず、ほんわかした笑顔で「どうにかやってみます」と言っていただきました。その安心できる笑顔の対応はすばらしいですね。

岡田さんとは、その後話し合いをしている段階で何枚かの図面を描いていただきました。
それとは並行して大手社寺建設さんにも図面を描いていただきましたが、全くレベルが違いすぎていました。御門徒さんの会議でも、岡田さんの図面の方が圧倒的に支持されました。

設計が進む中、御門徒さん専用の厨房を造ってほしいとか、本堂以外にも集まれる場所を造ってほしいなどいろいろな希望が出たので、本堂と同時に門徒会館を造る提案をしていただきました。結果的に鉄筋の3階建てになったのです。これも私たちの常識的な発想では今ある地面の上に建てる事しか考えられなかったのですが、本堂前にある石崖を削って、そこから積み上げる3階建ての本堂を設計していただきました。その図面を見せていただいた時は、「これは本当に良いですね」と感動しました。

私どもは当初、木造がいいと思っていましたから、鉄筋にする事にはかなり抵抗がありました。ところが、実際完成してみると外観も内装もとても鉄筋には見えません。木造のイメージを強く打ち出すデザインになっていて、岡田さんに目いっぱい考えてもらった感じが伝わります。

また、大手自社建設からは狭い本堂しかできないという事でしたが、岡田さんの設計では、境界線ぎりぎりまで広げる工夫が随所に見られます。限られた面積の中でよくぞここまでの広さを確保していただけたと感激しています。特に本堂の広さは、仏様がおられる内陣と御門徒さんが座られる外陣がともに奥行きが広くなりました。またその周辺のいたる所に収納スペースを作っていただき、本当にお寺のことをよく知っておられる方だと実感しました。

木に対する造詣の深さを強く感じる仕上がりです

摂護寺

  • 納骨堂外観 納骨堂外観
  • 納骨堂内部 納骨堂内部
  • 納骨堂内部正面 納骨堂内部正面
  • 1階ホール 1階ホール
  • 2階ホール 2階ホール
建築物
納骨堂
所在地
宮崎県都城市
構造・規模
鉄筋コンクリート造3階建

佐々木鴻昭住職

納骨堂が不足して来たので、第4納骨堂建設をするに当り誰にお願いしようかと考えていました。
私どもの寺は、同じ敷地内に幼稚園を運営していますが、その幼稚園を建てる際、お願いした設計事務所のスタッフとして来られていた岡田さんと近くの寺の棟上げ式で再会しました。その夜は「あなたが、あの凝り性の住職さんの庫裡をね・・・」と昔を懐かしみながら食事を一緒にしました。そういう御縁もあって、信頼のおける岡田さんにお任せする事にしました。

岡田さんは木に対するこだわりが強く、台湾やラオスなどへ自分で木を買い付けに行かれるとの事です。そのような木に対する造詣の深さが、岡田さんにお願いする決め手だったように思います。

お願いした第4納骨堂は、寺務所から離れた場所に建てる事になりました。
ですから、私どもが望んだのは、寺務所からの管理を可能にしていただきたいこと、境内にある幼稚園や他の建物とのバランスを壊さない様にしていただきたいことでした。岡田さんにその思いをしっかり汲んでもらい、福岡から宮崎まで何度も足を運んで話し合いを重ねました。その結果、離れた納骨堂を寺務所から管理できる素晴らしいシステムを考えていただきました。例えば、納骨堂入口のインターホンから呼び出しがあれば、それに応じて寺務室で開錠、施錠の操作ができたり、また納骨堂を管理するためのテレビモニターを設置するなどです。

また、イメージにふさわしいデザインにする為、納得のいく木を探しにも行かれたようで、岡田さんの思いが随所に感じられます。正面の部分も普通壁にするところでしょうが、全面ガラス張りになっているなどとても斬新です。気になっていた境内の他の建物とのバランスも申し分ありません。

機能的な面もデザイン的な面もすべて満足のいく設計です

善定寺

  • 正面外観 正面外観
  • 外観 外観
  • 玄関ホール 玄関ホール
  • 納骨堂 納骨堂
  • 客僧室 客僧室
建築物
会館・庫裡・納骨堂
所在地
長崎県佐世保市
構造・規模
鉄骨造4階建て

小野純真住職ご夫妻

私ども善定寺は、明治時代後期から100年以上続く寺ですが、正門への入り口が急な階段であり、エレベーターを付けようとしても、土地の範囲ぎりぎりに建っているためどうする事も出来ず、お参りに来ていただく方々に大変ご不便をかけていました。そんな時、裏手に210坪の土地が手に入り、これを機に寺としての玄関口を建てる事にしました。

「シンプルな中にも斬新なデザインをしていただける設計士さんを」と探していたところ、堂宮の岡田先生を紹介していただき、まずは先生が実際に手がけられたお寺を見学させていただきました。
狭いスペースを有効活用する設計のセンスと技術の高さ、木の活かし方の素晴らしさに思わず見入ってしまい「これは間違いない!」と思いました。
図面上の設計は勿論ですが、完成予想図を見せていただいた時には、もう感激でした。そこから、私たちの要望をひとつひとつ聞き入れていただきながら、綿密な打合せを重ねてイメージを深めるように設計を修正していただきました。

岡田先生からは、毎月建設委員会を開くことを提案していただき、1年間ほど福岡から佐世保まで足を運んでいただきました。御門徒さんたちも次第に思い思いの事を言い出し、これはさすがに無理かなという事でも、岡田先生は、決して「ノー」とは言われませんでした。「何とかしましょう」と、本当に何とかしていただけました。あのほんわかした感じで「何とかしましょう」と言っていただけることが、私たちの一番の信頼につながりました。

昨年8月の完成引渡しの際は、会館、納骨堂に足を踏み入れた時、素晴らしい出来栄えに思わず歓声が上がりました。収納スペースのひとつとっても本当に考え抜いて作ってあり、『きめ細やか』という一言です。機能的な面もすべて満足がいく設計です。「どこがお気に入りですか」と尋ねられたら、『すべてです!』としか答えられません。

実を言うと、当初は納骨堂をつくる予定はありませんでした。ところが、穏やかな岡田先生が納骨堂をつくる事を強く勧められました。でも、これが大正解でした。最上階に最高級の納骨堂をつくっていただいたので、見学に来られた方々がそのロケーションの良さと堂内の素晴らしさをみて、「こちらの納骨堂を買いたい」と即決していただけるのです。岡田先生の経営的の効果を見据えての提案は、先見の明があり、本当に感謝しています。