西日本を中心に寺院・納骨霊廟を「堅牢で雰囲気あるデザインで建築したい」を実現する総合企画事務所です

荘厳な構造美にて300年...1,000年

新着情報

                   

2024.05.22明願寺納骨堂新築工事(福岡県)

昭和30年代後半に建立された納骨堂は、度重なる地震の被害により
柱や壁に多数の亀裂が生じ、この度鉄骨造3階建てで建替える事になりました。
今回の納骨堂は、本堂・会館と渡り廊下で接続し、車椅子の方も参拝できる様になります。























屋根原寸施工図の打合せを行いました。

                   

2024.05.22晴雲寺本堂・納骨堂改築工事(島原市)

長年の願望でありました御本堂・納骨位牌堂の建替工事です。
近年納骨を希望される方が多く、位牌堂を納骨位牌堂として建替える事となりました。
また老朽化した本堂を建て替える事になり、構造は鉄骨造ですが、
木割りに基づいた木造に見える様しました。















本堂内部の木組の加工中です。
6月中旬頃より現場取付予定です。

                   

2024.05.15長泉寺本堂新築工事(古賀市)

境内整備の最終事業であるご本堂の建替工事を行なう事になりました。
内陣の下に地下収骨所を設けた木造平家建古典建築工法の御本堂です。




















大破風・箕甲の木工事が終わりました。

                   

2024.04.17原江寺本堂新築工事(周南市)

納骨位牌堂建立時からの最終目標であった本堂の建替工事が始まりました。

















本堂大屋根の木工事は10mを超える破風板及び箕甲の施工だけとなりました。
瓦工事が始まりました。

                   

2024.03.21称讃寺慈光堂新築工事(枕崎市)

ご門徒様の納骨堂建設の要望が強く、この度1階に門徒会館を併設した慈光堂(納骨堂)を
建立する事になりました。























駐車場及び中庭の整備が終了し、建物全体の引渡しが行われました。
現在は仏具店による4階納骨壇の設置中です。