西日本を中心に寺院・納骨霊廟を「堅牢で雰囲気あるデザインで建築したい」を実現する総合企画事務所です

荘厳な構造美にて300年...1,000年

新着情報

                   

2020.10.06永福寺納骨堂新築工事(久留米市)

境内整備事業の要となる納骨堂の建替工事が始まりました。
鉄骨造5階建の建物で屋根は旧納骨堂の形を模した八角型の瓦葺です。


























外部足場が取れ、全景が見えるようになりました。
内部では、柱・天井の造作中です。

                   

2020.10.06麟翁寺納骨堂・会館改築工事(嘉麻市)

納骨堂・位牌堂の老朽化が進み、建替える事となりました。
今回の建物は鉄骨造3階建で、檀家の皆さまが自由に使用できる厨房や広間を併設しています。






















外部屋根瓦及び外装版貼が完了しました。
内部は納骨堂の造作工事を行なっています。

                   

2020.10.06福王寺納骨堂増築工事(筑後市)

昭和63年に建てられた納骨堂がいっぱいになったので、
昭和30年代に建てられた別棟の納骨堂を解体し、新たに増築する事になりました。
今回は車椅子でも参拝できる様にスロープや自動ドアを設置し、旧納骨堂へも車椅子で
行く事が出来る様にしました。


















9月14日屋根面の配筋検査を行いました。

                   

2020.10.06栄久寺納骨堂増築工事(久留米市)

平成26年に建設いたしました納骨堂がいっぱいになりましたので、
前回と同じデザインで増築する事となりました。



















鉄筋検査を行い、その後建方まで完了しました。

                   

2020.10.06善龍寺本堂新築工事(福岡市)

本堂の白蟻の被害がひどく、建替える事になりました。
今回の本堂は、筋交を設けず尾垂木を付けた総桧造りの古典建築工法です。




















外部足場がはずれ、全景が見えるようになりました。