西日本を中心に寺院・納骨霊廟を「堅牢で雰囲気あるデザインで建築したい」を実現する総合企画事務所です

荘厳な構造美にて300年...1,000年

新着情報

                   

2019.11.08西郷寺早良支坊新築工事(福岡市)

嘉麻市の西郷寺様が新しい聞法の道場として、西郷寺早良支坊を建立することになりました。



















屋根工事が終わり、内部の造作中です。

                   

2019.11.08永福寺納骨堂新築工事(久留米市)

境内整備事業の要となる納骨堂の建替工事が始まりました。
鉄骨造5階建の建物で屋根は旧納骨堂の形を模した八角型の瓦葺です。


























杭工事が終わり、床掘り中です。

                   

2019.11.08攝護寺御本堂改築工事(都城市)

御本堂の耐震調査の結果、震度5程度の地震で倒壊する恐れがあるとの事で、
参拝者の安全を考慮して御本堂を建替える事になりました。
新しい御本堂は戦災で焼失した御本堂の様な相の間造りで、木造準耐火古典建築工法です。
完成は平成32年7月の予定です。


















内陣棟の瓦葺は棟込瓦を残すのみとなりました。
外陣棟は軒先の巴瓦を納め、平瓦をクレーンで上げています。

                   

2019.10.04信楽寺納骨堂増築工事(指宿市)

平成17年に納骨堂新築工事を行ない、平成24年に増築工事、
そして今回の2回目の増築工事と納骨壇の加入希望者が多くお待ちいただいている状態です。
全体のイメージを損なわない様なデザインとなっています。



外構工事を残すだけとなりました。

                   

2019.10.04善龍寺本堂新築工事(福岡市)




















宮大工の加工場では11月の建前に向けて丸柱や小屋梁の加工を行なっています。